小さな店やりたいですか?

雇われている時には誰もが思います。いつかは独立して稼ぎたい。脱サラしたい。思い通りにやってみたい。皆さん言いますよね。

小さな店でもいいから、やってみたい。

10年間、飲み屋を経営した経験者として言います。

はっきり言って、そういう方はやめたほうがいいです。

開店1年での廃業率が60%、3年でのこり30%が撤退。
5年以降でそのまた半分5%
そこから10年やったら、まずは成功者です。

なぜなら、大体借金は5年で完済。

後は続けてゆくモチベーションだけということになります。

(私には、何が何でもこの道でやってゆくというモチベーションがなく、

やりたいことはやったと、満足してやめてしまいました。)

10年以上続く店は、ほんの1~2%程度です。

小さな店でいいからというのは、家賃も安くて楽そうに見える。
最悪一人でも回せる、というような安易なイメージからでしょうか。

まあ、一日、二日は楽しめます。楽しいでしょう。
アルバイト経験のある方にはわかるとは思います。

飲み屋という非日常で見知らぬ人と会話したり、楽しく過ごせます。
少し気が合う仲間や、常連になればなおさらです。

小さな店は楽しい反面、客数が確保できない場合があるので、
売り上げが伸びません。

また個人店は、基本的に休めません。
休んだらチャンスロスになります。
経済用語で機会損失(きかいそんしつ)です。

得られるはずの機会(利益)を失った損失のことです。

私は、吉祥寺駅前の激戦地に無謀にも出店してしまいました。

本当のことを言うと、3か月で運転資金がなくなってしまい
当初の共同経営者(経験者)が、「甘かった。撤退しよう」とまで言い出す始末。

私はそんな共同経営者はいらないとさっそくクビにし、飲食店経営未経験のまま、借金を背負いました。

ようはハシゴを外されたわけです。

実は、私の本当の戦いはそこからはじまったのです。

そこから様々な手をつくして10年。
なぜ続けられたのかと言えば、以前サイトで儲けを出した成功体験があったからにほかなりません。商売は基本的には、同じだと思っていますが、

とにかく、飲食業は大変なのです。
サラリーマンのほうが本当にラクちんです。

なにより帰りに一杯やって帰るお客側になったほうがお得ですよ。
好き勝手なことを言って酔っぱらって帰れるんですから。

新規のお客を獲得するより、既存の客に来てもらうほうが容易です。
既存のお客様を一人失うことは周りの友人などにも悪影響を与えるかもしれません。

まあ、

それでもやりたいですか?

という方がいるのでしたら、
コツがあります。そのコツ、というかセンスというか、は、

おそらくどんな業種にも共通していると思います。

ので伝えられたらと思います。

宇野隆史さんという方がご存知ですか?

今では居酒屋の神様とまで言われている人です。

1990年代、当時、居酒屋 楽(らく)という店が大ヒット。

カウンターに大皿総菜を並べたスタイル。

手書きの筆の文字(決して上手ではない)に、朱色のラインとか丸が入ったメニュー。

なんというか、魚屋か、八百屋さんが、そのままやっているような店づくり。

このスタイルを多くの居酒屋がマネしています。

吉祥寺でも、どことなくそんな匂いがするなあと思ったら、ほぼ宇野隆史さん

お店からの卒業生ばかりでした。

ちょっと増えすぎじゃないの?と思ってます。後発は大変でしょうね。しかし、

とにかく個性的な店が、多いように感じます。

まず、店のネーミングから面白いです。

ガチャガチ屋とか実際にガチャが置いてあって駄菓子屋みたいな感じとか、

タマリバ、多摩リバーにひっかけたと思うんですが、

鳥モモと吉祥寺で、もも吉(きち)とか。いろいろあります。

宇野隆史さんの本のタイトルも面白いですよね。

私の愛読書になってます。

まあ、天才ですね。発想の天才。

10年、店やってみて気が付いたのですが、私には向いてません。って、遅いですね(笑

で、3か月でつぶれたも同然の店をどうやって立て直していったのか、気になりますよね。

つづき書きます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする