建築や内装CGパースを作りたいのですが、ソフトは何が良いですか?

ここでは建築や内装デザインパースの外注を受け「静止画」を製作する手順を追ってみます。パース制作の用途は、お客様へのプレゼン用。デザイナーのシミュレーション用です。

DCADの図面データをもらい、そのデータを加工して立体に起こす場合。

紙図面やスケッチから読み取って、モデリングソフトで3D入力して製作する場合。

 
shade3Dで製作

Vectorworksはもともと図面用のCADでしたが、同時に3Dモデリング作成が可能なソフトにに進化し、レンダーワークスでより高品位な画像が得られるようになりました。

私は国産ソフトのshade3Dに慣れているのと好みですが、VectorworksからDXFデータを取り込んでshadeでレンダリングしました。
 以前はshadDにはCADにより近い数値入力がなかったのですが、最新バージョンでは数値で図面を描くように入力できるようになったり進化していて、好きなソフトの一つです。

ソフト習得するまでには、わかりやすさもありますが、慣れだと思います。最近ではチュートリアル動画などが多いので、画面を見ながら何度も繰り返して覚えるのが良いでしょう。どこに何があるかがわかれば、それからは理解しやすいですし。

 

工程を簡単に分けると次の通りです。

VectorworksAutoCADなどで、2Dデータを3Dに起こしてゆきます。
平面データに高さを入力して、壁や柱を立体にしてゆきます。プラモデルを作る要領です。
前から見たり後ろから見たり回したりしながら立体にしてゆきます。

この時、モデルデータには、テクスチャは設定していませんが、同じ素材や部品にしたい場合などは、あらかじめレイヤ分けしたり、グループ分けしながらモデリングしていきます。

たとえば同じ椅子が複数ある場合は、素材別にわけておけば、木の色を変えたいときなど後でまとめて変更できます。

またスポットライトなどが複数ある場合で、ライトの角度をまとめて変えたい場合なども、あらかじめグルーピングしておくことによって、角度パラメータを変更するだけで複数のスポットライトの向きが一斉に変わります。

多くの3dソフトには、すでに過去からの資産的なテクスチャライブラリーが組み込まれています。
 ガラスの質感や色、木目の質感や色など多くのテクスチャデータがライブラリーに搭載されているので、おおよそなんでも再現できるので便利です。

レンダリングに特化したソフトもありますが、私の場合はshade3Dのみで十分だと思っています。完成画像に対して変更を加えたい場合は、レタッチソフトやフォトショップで手を加えるのが早いでしょう。

また、簡易的なパースなら、ベクターワークスとフォトショップだけで完成させる場合もあります。

本来なら、以上の工程が全て統合されたソフトがあればより便利なのですが、それぞれの機能が特化した別ソフトになっていたり、パッケージ化されていたり様々です。

工程別ソフト。

2.3Dモデリングソフト(VectorworksAutoCADなど

レンダリングソフト(Renderworkscinema4dなど

レタッチ、テクスチャ作成(photoshopが一般的)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする