借金1000兆円、国民一人当たり800万円借金は嘘?理解不能なマスコミ。

「借金1000兆円、国民一人当たり800万円借金」という「嘘」をいまだに報道しているテレビやマスコミや評論家って。ホントにバカなの?

目からうろこの麻生さんの面白い説明なので、よく聞いてみて下さい。麻生太郎氏による「日本の借金」の解説が超わかりやすい。

 つい最近まで知らなかったんです。ニュースもなんとなく聞いていただけだったので、
これまでにも何度も、日本の借金が1000兆円に膨れ上がって、国民一人当たりに換算すると、などと、深刻ぶったニュースばかりだったじゃないですか。どこから借金してんだろう?と不思議に思ってはいましたけど。

事実は完全に違っていたんですね。麻生太郎の解説で笑っちゃいました。

ちょっと半信半疑だったので、ネット中を回って調べ直してみたら、わけのわからない反論も多いけど、やはり麻生太郎が正しい。
極端な話、政府の借金というのは実際には返さなくても良い借金なんですね。

でも、なぜ?このような嘘になってしまうんでしょうか?

財務省の(意図的な)発表の資料を、マスコミがきちんと読み込まずに「借金1000兆円、国民一人当たり800万円借金」と、鵜呑みにしてそのままコピペ報道しているというのが原因らしいです。

 財務省自身国内向けには深刻に装っていますが、海外向け発表している「意見書」には正反対のことが掲載されていますので確認してください。

財務省自身が発表しているんですよね。

日・米など先進国、自国通貨建て国債のデフォルトは考えられない。

日本は世界最大の貯蓄超過国、国債はほとんど国内で極めて低金利で安定的に消化されている。
日本は世界最大の経常黒字国、債権国であり、外貨準備も世界最高。

 

外国格付け会社宛意見書要旨(財務省)

 

さらにさらに、森永卓郎さんの話によれば、2017年において、政府の1000兆円の借金はすでにゼロになっていると言っています。とくに通貨発行益のくだりを聞いていただけると面白いです。

 【森永卓郎】1000兆円の借金は嘘! 日本の借金はゼロです!

 

さらに【三橋貴明】日本の借金の正体〰増税への情報操作〰

 

で、結局、国債はどうなるのか?というと

国債1千兆円は返さなくて良い 日銀国債購入で分かった事

 

「利払日や償還日から時間が経つと、消滅時効が成立するというのは本当か?」

はい。本当です。

財務省のホームページに書かれています。

 

満期日から10年経過したら払いませんよと証書に書いてある筈なので、10年間日銀が請求しなければ、その国債は消滅するのです。

 

ということなので、何も心配ないのだ。

が、実際にこれでもわけのわからないことを言って反論している新聞記者がいたりするので、ますます混乱するのも事実である。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする