セブンイレブン。コンビニ、生ビール提供の行方。とテスト販売を中止。7/17付

 コンビニでの生ビール提供の行方

セブンイレブンの生ビールサーバー導入が話題になっています。予定通りであれば2018年7月17日から一部の店舗で試験販売開始です。私の家のすぐ近くの三鷹市牟礼6丁目店舗でもスタンバイしていました。(写真)楽しみにしているのですが、あまりの反響の大きさに、テスト販売にならないと、中止となりました。
(17日現在)


タイでは、市民団体の批判もあり、セブンイレブンとファミリーマートでの導入は中止となってしまったようです。
しかし、台湾のセブンイレブンは7月13日、台北市の統佳店で同日午後2時より『ザ・プレミアムモルツ』の販売が始まった。との報道もあります。

さて日本のセブンイレブン生ビールサーバー設置の行く末はどうなるでしょうか。

 コンビニで生ビールを販売する問題点ってあるの?

生ビールサーバーですが、現在では全自動サーバーがあり、コーラなどの炭酸サーバーとなんら変わりはなく安全に提供できるはずです。
ただし、コンビニの立地によっては飲酒運転などの問題があるのではないかと思えるのですが、実際には、すでに缶ビールや缶チューハイなど酒類は販売されているわけで、そこに「生ビール」が加わったからといって、突然「飲酒運転」が増加してしまうとか「イートインが居酒屋化する」といったことにはならないのでは?と思います。
Sサイズ税込100円、Mサイズ税込190円。ということらしいのですが、(現在)実際にサイズの容量がわかりませんので、今のところなんともいえません。

コーヒー感覚で飲める。

おそらくコーヒー感覚で、ちょっと飲める生「ちょい生」ということなのでしょう。まさに以前私の店でネーミングしていた「ちょいつま」もありますしね。
コーヒーと同じく「紙のホルダー」で6杯くらいまでなら?持ち帰りもできそうですし、公園の近くだったら、歩きながらもいいですよね。

居酒屋に影響はあるのか?

現状でもコンビニで酒類を販売しているので、それが生ビールを提供したからといって劇的な変化はないのではないか、と私は思っています。
逆に現在のコーヒーや、他の酒類の売り上げが落ちる?といった影響が出るのではと。

結局、立地によって全く異なる。ので設置店は限られる。

何度も繰り返しますが、現状で酒類を販売しているのであって、すでに売り上げ予測はついていると思いますし、生ビールを提供したから劇的に変化するというのも考えにくいと思いますので、設置店は限られてくるのではないかと思います。

とにかく便利になるコンビニですね。
コンビニの近くに住んでいて良かった!と思います。
将来、店員の姿が消える店舗も出現するようですので、ますます楽しみですね。


7/17 三鷹店で確認が取れました。現在、中止ということです。

毎日新聞2018717日付 1356分によれば、

コンビニエンスストア大手のセブン-イレブン・ジャパンは17日、同日から予定していた生ビールのテスト販売開始を中止したことを明らかにした。キリンビールと組み首都圏の数店舗でSサイズ100円で提供を始める予定だったが、「注目が集まり過ぎて販売体制が整えられない」と中止を決めた。

東京都三鷹市の三鷹牟礼6丁目店や埼玉県所沢市の新所沢駅東口店などで、数日前からサーバーを設置し、ポスターで17日からの販売を告知していた。だが、店舗や本社に問い合わせが殺到。セブン-イレブン親会社のセブン&アイ・ホールディングス(HD)広報は「想定以上の需要が予想され、供給が追いつかないと判断した」と説明した。今後の販売日程は未定という。

とのことで、残念ながら、まだ先になりそうです。

 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする