虎ノ門ニュースはなぜ面白いのか?

虎ノ門ニュースはなぜ面白いのか?


池上彰のニュース解説は、とてもわかりやすくおもしろい。
しかし、池上彰は、自分の意見を言わない。
なぜなら、言ったとたんに、テレビに出られなくなるからだ。
それに対し、ユーチューブで見ることができる「虎ノ門ニュース」という
ニュース解説番組は面白い。
話題のニュースを深く解説してくれて、なおかつ、地上波では
タブー視して報道しないことまで、報道し解説してくれる。
そして、何よりも、内容が人々に国益を考えさせる内容なのだ。
ユーチューブで虎ノ門ニュースを聞くと、2時間くらいで長いのだが、
とてもためになる番組なので、お勧めです。
あと、「ザ ボイス」という番組も面白いので、一度、ユーチューブで検索して
騙されたと思って、聞いてみて欲しい。
特に、お勧めは、コメンテーターは、衆議院議員の青山繁晴さんです。

上記は、他サイトでの感想を述べた文章を引用させていただきました。

私もそう思う。

池上彰さんは単なる、解説者で、TV側があらかじめ選定した「いわゆる専門家」に依頼したり、取材して調べた記事を収集して編集したものを、ライターさんが台本に書き、それをもとに池上彰さんが番組内で読み上げる、代弁タレントさんでした。

小学生からの質問コーナーというのも、子役を用意したわけですし、やらせというのも言いたくはないですが、テレビというのは全部やらせといえなくもない。

全て筋書き、台本があるわけで。その通りにならないと、キリバリしますし、編集してしまいますよね。

これが偏向報道ということなのですが、ある意図をもって番組を作ってますよね。

印象操作もしますし、スポンサーを貶めるようなことは決して言いませんし。

で、これが政治がらみになるともっと醜いことになります。

韓国よりだとか、中国よりだとか。

「虎ノ門ニュース」を毎日視聴するようになって、様々な方の生の情報を知った上で、あらためて地上波のニュースを見てみたら、まあ、驚くほどはっきりわかるようになりました。

これまでノンポリを決め込んできたのが恥ずかしいです。

鳩山や、辻本やら、福島やらの正体もわかりましたし、

まあ見事に反日、安倍政権叩き。安倍さんでなかったとしても状況は同じじゃないかな。

あることないことをマスコミと一緒になって印象操作し貶める。反対ばかり、とにかく日本を貶め、衰退させることが目的なのですから。

日本という国が弱くなり衰退して、まず得になるのは中国や朝鮮でしょう。

国旗も国家も否定し、家族を壊し、子育て、教育を否定し、日本の文化、精神を破壊しようと躍起になっています。

それすらも気づけない私たち。

テレビ新聞などはもう時代遅れ。

「虎ノ門ニュース」に代表されるネットTVで今を知り、目覚めましょう。

本当の敵が何者であるかがわかるはずです。

お勧めです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする