特別支給の老齢厚生年金もらわないと消滅します!繰り上げ支給とは違います。該当する方はすぐに申請手続きを!

とうとう年金受給の年齢になり、申請したので、年金証書が送られてきました。

これは、ある一定の生年月日の方が65歳前にもらえる「特別支給の老齢厚生年金」で、私の場合は62歳から受給されるのですが、ちょっとややこしいですよね。

勘違いしている人が多いらしいです。前倒しでいただくものではなく自分で申請しないと65歳になって消滅してしまいますので、該当するかどうか調べてください。

詳しくはこちらです。

非常にまぎらわしくて、実は私自身もよくわかっていませんでしたので、

引用させていただきます。

老齢厚生年金には、60歳から65歳の間にも受け取ることができる特別支給の老齢厚生年金もあります。これは老齢基礎年金の受給資格を満たしていて(25年以上加入)、厚生年金の加入期間が1年以上ある加入者のうち、一定の生年月日の人が受給できます。

特別支給の老齢厚生年金

つまり通常は65才からですが、上記の条件を満たす人の中で、
一定の生年月日の人が受給できるというものです。

これもややこしいので、

リンクさせていただきますが、

なお、特別支給の老齢厚生年金は、繰上げ受給とは違って、受け取ったからといって年金の支給額が減額されるようなことはありません

繰り上げ支給とは違います。ので該当すると思われる人は以下のサイトをチェック!

65歳前にもらえる特別支給の老齢厚生年金で損をしないポイントのページ。遺言を作りたい、相続税の計算をしたい、遺産分割や相続放棄の手続きが知りたいといった方向けの手続き支援サイトです。分からないことについて無料で相談できるQ&Aコーナーや、全国の行政書士や司法書士、弁護士、税理士といった専門家を探して依頼することができま...


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする