ブログが書けないとき。目指すべきサイトとは。

目指すべきサイトとは。

いや、思うことはいろいろあるんだけど、もやもやしてる。書けないなあ。きちんとまとめたい。読むに堪えない。うまく書けない。からなどなど考えると、硬くなって。ますます書けない。

で、
検索していたら良い記事に出会いました。
私も同じ。無名の1PVの一人。
けっこういろんなブログを読んでることに気づきました。
参考にさせていただいたり、励まされたり、バカじゃないのと思ったり、、、。

1PVの向こう側には人が居る。閉鎖したブログに思うこと

突然閉鎖されてしまったブログは、別れも言えず遠くに引っ越してしまった友達を見るような寂しさがあります。自分の書いた文章を楽しみにしてくれる人が居ることを忘れてほしくないと思います。

アクセスは少なくても、誰も見てないような気分になっても、楽しみにしてる人はいるんだよーって言いたい。言いたかった。

自分の書いた文章を楽しみにしてくれる人が居る
ことを忘れてほしくない。

忘れていたことを思い出したようで、勇気をいただきました。

そうです。

思ったことをありのままに書きましょう。

飾らなくても、なんでもいいじゃないですか。

効果的なタイトルには どんな種類があるのか分類してみた。 数字、具体性 例)たったの10分で出来上がるレシピ集。 感情的な表現 例...

その後、いろいろなサイトを参考にさせていただき、

なんとなく目指すべきサイト、ブログの形がおぼろげに見えてきたようです。

記事にすべきネタも過去にいろいろと思い出しました。

大きくわけて「ブログアフィリエイト」と「サイトアフィリエイト」の二つ。

ブログ記事は単発でバラナラ。短期間のアクセスの上下が激しく定着しない。

サイト記事は長期的で充実した記事であれば長期間上位表示が見込める。

策を講じて偽物のアクセス数を稼いだところで虚しいだけではないかと。で、

ようは、究極のところ、ファンがつくほど内容のある記事が書けるかどうか、

必要とされる内容のある情報や、役に立つ記事、読み物として記事を書いてゆけるかどうか?が大切ではないかと思いますので、

こちらを目指してゆきたいと思います。

体験を記事にして、自ら不便さや、欲しいものや、こうしたらよかった。などを整理しながら、おすすめできる商品があれば紹介してゆくというのが一番の自然な流れでしょうし、

私がかつてやっていた趣味のコレクターズサイトがそうであったように、趣味で集めたものについて、熱く語ることが、共感を生み、

自分もそれが欲しい、と購買力につながるわけで、

私としては記事の中から選べる「アマゾンアソシエイト」が一番合っていると思ってます。

少し検索してみたんですが、アマゾンには何でもありますから、趣味のものから旬の雑誌まで紹介できるので、ぜひ使わせていただければと思っています。

はやく審査に通りたいものです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする